アガリクスがもたらす影響

きのこ

特徴と様々な効果

アガリクスはキノコの一種で、ブラジルから世界に伝わり1970年代から日本でも栽培されるようになりました。90年代には日本でアガリクスブームが起こり、一般に広く知られることとなりました。アガリクスはガン予防や高血圧の改善に効果があると言われ、サプリメントが多数販売されています。ガン細胞の発生を予防できるため、遺伝的にガンを患う可能性のある人には特に注目してほしいアガリクス。すでにガンを患っている人でも、治療に平行してサプリメントを服用できます。過去の研究ではアガリクスによってガン細胞の増加を抑えられる上に、化学療法の副作用を軽減できたという効果が報告されています。また、生活習慣病を患っている人がサプリメントを定期的に服用すると、高レベルだったコレステロールや血糖の数値が低下したという研究結果も発表されています。この効果により高血圧などの生活習慣病を改善でき、末永く健康に生きられるようになります。現代人は食生活の乱れやストレスの多い生活から、昔には馴染みのなかった生活習慣病を抱える人が増えてきています。その対策として、最近アガリクスの効果が見直されるようになっています。アガリクスに含まれている食物繊維や不飽和脂肪酸によって、血液がサラサラになるのも注目すべきポイントです。血流が悪いと起こりやすい血栓や、女性に多い冷え性などのトラブルの改善も期待できます。さらに血液の循環が良くなると疲れにくくなり、美肌や若返りにも効果があります。